石垣島と石垣島の珊瑚の魅力

石垣島は、沖縄本島から飛行機で1時間飛んだ先にある日本最南端エリアにある日本の南国リゾート地の一つです。周辺には、竹富島、西表島といった様々な離島が点在しており、石垣島もあわせてそれらを八重山諸島と呼んでいます。少し北にある宮古島と合わせた先島諸島は、日本国内だけでなく、世界でも人気の高い観光地です。石垣島だけではなく、離島も含めた観光ツアーもあり、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

 

そんな石垣島の魅力ですが、やはり、その美しい海や気候、そして石垣島の珊瑚は世界にアピールできるほど豊富で美しいものです。海には、大小様々な熱帯魚などの生物が生息しており、ダイビングなどで訪れる観光客も多く、まぐろやマンタといった大きな回遊魚にも遭遇することも出来ます。綺麗で透明度の高い海でありながら、珊瑚が多数生息しているといった特徴がとても魅力的です。宮古島周辺の方が珊瑚の数も少ないため、ダイナミックさや海の透明度は負けてしまいますが、それでも珊瑚とそこに生息する様々な魚達、そして、やはりきらめく海のなかで楽しむ時間は筆舌に尽くし難いものとなります。

 

気候も亜熱帯であるため、それほど蒸し暑いものではありません。何より夏には、カラッとした日差しと青い空、そして、青い海を満喫することが出来ます。また、石垣島はエリアごとに様々な楽しみ方があり、単純にダイビングで訪れたとしても地域によって船を借りるのか、どのような方法で海へ行くのかで違ったプランを建てる醍醐味があるのも特徴です。食事も琉球の流れを組みながらも、離島らしい独自の食事が数多く用意されており、訪れる人々のひとときの癒しになること間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング